エイズ

アルツハイマーの予防が出来る理由とは

コエンザイムQ10には、アルツハイマーの予防もできると言われています。
とても意外ですよね。
ダイエットや美肌、若返りなどの美容面での効果がクローズアップされているコエンザイムQ10は、女性のための美容成分であるというイメージを持っている方も多いと思うのですが、実はコエンザイムQ10は、いろんな病気の予防や改善にも役立ってくれるのです。

それはコエンザイムQ10がもともと私たちのカラダのなかに存在しているもので、補酵素と呼ばれる重要な役割のある成分だからです。
アルツハイマー型の痴呆症にかかる方が増加していて、近頃では特にその低年齢化も進み、これからさらにアルツハイマーにかかる人が増えていくのではないかと心配されています。
アルツハイマーにかかると、多くの人は物忘れなどの症状が見られるようになります。
それがどんどん悪化していき、判断能力、時や場所の見当識の障害なども加わり重症化していきます。
認知症がどんどんと進行していき、最後には寝たきりになってしまう、とても恐い病気です。

アルツハイマーの原因の一つに、βアミロイドと言われるたんぱくからなる老人斑が脳にたくさん出現することがあります。
そのために神経細胞が脱落し、認知症が起こるのです。
どうしてβアミロイドなどが脳に大量に溜まってしまうのか、その原因を解明されるには至っていないようです。

コエンザイムQ10は、このアルツハイマーの原因となっているβアミロイドの抑制に効果があるとされ、注目を集めています。
βアミロイドが大量に出現してしまうのは、酸化ストレスにより、ミトコンドリアの働きが弱ってしまうからであるとされています。
コエンザイムQ10には優れた抗酸化作用のある成分であり、ミトコンドリア内に存在する成分です。ですので大量にβアミロイドを出現させてしまう酸化ストレスの抑制に効果があるのです。
アメリカでは、加齢によってミトコンドリアの機能が低下することと、アルツハイマーとの関係が指摘されています。

Copyright(C) 2013 体の健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.